ニュース一覧

含まれる2つの意味合い

刷毛

安全と快適の両面あり

新築の家は、外から見ていても新しいと分かるものですが、数年経つとそれなりの見栄えになります。これは外壁が風雨にさらされて劣化している証拠です。新築物件がどこか浮ついた感じがするのに対して数年経つと落ち着いて周囲に馴染んで来るという見方も出来ますが、建物としてはこの劣化は決してよい事ではありません。まず、外壁塗装が傷んでいる事を表しています。単に見た目の問題と、節約志向が強い愛知の方は思い込みがちですが、外壁塗装には見栄えの問題と共に家を守るという大事な役目があります。愛知はわりと温暖でそれほど激しい災害には見舞われないため家の劣化も他の地方に比べれば緩やかですが、それでも海沿いであれば潮風によって劣化が進みやすいとか、山沿いなら風の強い地方もありますので、愛知だから安心とは言えません。愛知でも定期的な外壁塗装は必ず行う必要があります。外壁塗装を行うことによって、風雨の影響を建材に及ぼさないようにする事が出来ます。特に問題なのが水です。水が入るとカビが生えて健康問題にも繋がります。外壁塗装には水の侵入を防ぐ意味もあります。水はカビを生えさせるのと同時に建材を傷ませる原因ともなります。これは木材でも鉄骨でも同様です。これらの問題を防ぐにためにおおよそ10年程度に1回は外壁塗装を行いましょう。健康は何ものにも代えがたいものですし、建材の劣化は住居にとって致命的です。最近は耐久性に優れた長期間塗り替え不要な塗料も出ていますので、愛知の外壁塗装業者に相談してみましょう。

Copyright© 2018 外壁塗装をしよう【技術力の高い業者を選ぶことがおすすめ】 All Rights Reserved.